アダルト

【小鳥遊ももえVR】目を覚ましたらラブホ 後輩の美人OLと体験する

2020-03-14

 

あなたは会社員、会社の飲み会で飲み過ぎてしまったらしい。

そんなあなたを介抱してくれたのが、心優しい後輩のももえさん。

でも、ももえさんは小悪魔なのでした。

あなたに婚約者がいることを知っていますが、微笑みながら誘惑してくるのです。

身体は正直です。我慢することなどできるはずはありません。

 

 

「小鳥遊ももえ(たかなしももえ)」作品情報

作品情報

作品名:【VR】目を覚ましたらそこはラブホテル。目の前には後輩の美人OLが…。僕は帰ろうとするが拘束されていて動けない。優しく微笑みながら僕を見つめ誘惑してくるその姿に僕は我慢できず… ももえ

女優名:小鳥遊ももえ(たかなしももえ)

監督名:凛々

メーカー:unfinished

画質:ハイクオリティ(HQ)画質

発売日:2020/03/05

ジャンル:独占配信 中出し 拘束 OL ハイクオリティVR

平均評価: 4.56点/5点(2020.6.21現在)

 

別作品のサンプル動画紹介

別作品のサンプル動画「チ○ポを触るのが好きすぎて応募してきた美人受付嬢 手コキの女神AVデビュー!! 小鳥遊ももえ」で、エッチな姿を堪能してください。

 

「小鳥遊ももえ」作品紹介

【VR】目を覚ましたらそこはラブホテル。目の前には後輩の美人OLが…。僕は帰ろうとするが拘束されていて動けない。優しく微笑みながら僕を見つめ誘惑してくるその姿に僕は我慢できず… ももえ

 

目覚めるとそこはラブホの中。小鳥遊ももえさんのとっても可愛い姿をご覧ください。

 

 

チャプター1:ラブホの中で手錠をされる

会社の飲み会で飲み過ぎ、後輩のももえさんに介抱されているところで目覚めた

なんとここはラブホの中、タクシーが捕まらないので仕方無く来たのだと言う

驚いたことに手錠と足錠が繋がれている ももえさんがやったのだ

ももえさんは、ボクに婚約者がいることを知りつつ、でもボクを好きなのだ

「先輩、わたしじゃあだめですか?あれ、ここ大きくなってますよ」

乳首を隠しながらブラを外し、焦らしながら乳首を見せる 小悪魔的な仕草が多い

スカートをめくり、黒のストッキングを見せながら徴発するが、婚約者がいるせいか積極的になれず

「ちょっとだけ見てもいいですか?」ズボンを脱がし、ガマン汁の染みたパンツを見つけたのだ

「でも身体は正直ですね 先輩のおチンチンずっと見てみたかったんです 嬉しい」

フェラやパイズリで、ニコニコしながら攻めて来る まるで小悪魔だ

フェラでついに放出してしまう

「わたしのことも気持ちよくしてくれますよね 内緒にしますから」と小悪魔の囁き

 

 

チャプター2:念願の合体

「先輩が素直になってくれて嬉しいです」と言いながら手錠を外してくれた

手が自由になったので、おっぱいを揉まれる

ももえさんはベッドの上で立ち上がる 後ろ向きでパンツを脱がされ、ピンクの綺麗なアナルが丸見え

「先輩、そこは恥ずかしい 鼻息が荒いですよ」

手マンをされ、自らスカートを脱ぐ

「先輩、入れたくなってきちゃった わたしは生でいいですよ」

いよいよ合体

対面座位で挿入、「生で入れちゃった」と言いいながら、膣に馴染まなかったらしく再度入れ直す

上下する悩ましい顔を見ながらの行為 その最中に顔舐めをされる

続いて正常位ではツキが激しく、おっぱいがダイナミックに揺れる そしてフィニッシュ

だがまだまだいける様子なので、騎乗位を開始

覆い被さり騎乗位(スパイダー騎乗位)になりながら、唾液垂らしをされる そして中出し

ゆっくりと抜く アナルの方にまで精液が垂れる様子が卑猥

「赤ちゃんできるといいな」と小悪魔の囁き

 

 

チャプター3:エレベーターを待つ廊下での出来事

翌朝、身支度をして階下に向かうエレベーターを待つ

ももえさんは最後の思い出のキスをせがむも叶えられず、仕方無く自分からキスをする

エレベーターに乗ったら全ての時間が元に戻る

ところがそうはならなかった

再び結ばれたのである

ラブホの中の避難エリア的な場所に移動

立ったままの姿勢でおっぱいが揉まれ、局部の中に指が入れられる

「先輩、もうここで入れてください」

階段に片足を乗せ、顔を見ながらの着衣での対面立位という体勢

続いて立ちバック そしてフィニッシュ

「今日はもう会社休んじゃいましょうか」

 

ももえさんと「対面立位」を体験したい人はこちら

 

各種体位の特徴的シーンとフェチ向けポイント

ココがポイント

■騎乗位:覆い被さり騎乗位では顔が近いのでインパクトがある。その最中に唾液を垂らされたりする

■対面座位:一度挿入後に「生で入れちゃった」と言いいながら、膣に馴染まなかったらしく再度入れ直す。上下する悩ましい顔を見ながらの行為が見れ、加えて顔舐めをされる場面も良い

■正常位:正常位ではツキが激しく、おっぱいがダイナミックに揺れる様子が良い

■アナルフェチ向け:ベッドの上で立ちながらパンツを脱がされ、ピンク色の綺麗なアナルが丸見え。アナルに息がかかり「鼻息が荒いですよ」の台詞も良い

■顔舐めフェチ・唾液垂らしフェチ向け:行為の最中に顔舐めや唾液垂らしが続き、自然な形での小悪魔的演技がゾクゾクする

 

まとめ

  • ラブホの中で手錠をかけられているという衝撃的な導入部、帰りのエレベータに乗ったら全てが元に戻ると思ったらそうはならない意外な結末。シナリオ自体が素晴らしい。加えて、ももえさんの演技力が輝く。この作品を見ずしてVRを語れない
  • 階段に片足を乗せ、顔を見ながらの着衣での「対面立位」という体勢を体験できる
  • ベッドの上で立ちながらパンツを脱がされ、ピンク色の綺麗なアナルが丸見え。アナルに息がかかり「鼻息が荒いですよ」の台詞も良い
  • 行為の最中に顔舐めや唾液垂らしが続き、自然な形での小悪魔的演技がゾクゾクする

 

「小鳥遊ももえ」関連作品

【小鳥遊ももえVR】浮気えっち、しちゃいません?を体験する

続きを見る

【小鳥遊ももえVR】守備力ゼロのいじわるボディの義姉と体験する

続きを見る

【小鳥遊ももえVR】高貴で淫靡なお嬢様と体験する

続きを見る

-アダルト
-,

Copyright© VRを体験する , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.