アダルト

【四宮繭VR】ラッキースケベ配達員 ちょっぴり変態な女子大生と体験する

2021-07-18

 

彼女の名前は四宮繭さん。自称副業でAVに出ている新人企画女優さんで2021年5月にデビューしたばかり。

そんな彼女の初VR作品です。

見どころは騎乗位が終わったあと、お尻を刺激していると「プシュ」という空気音(マン屁)が聞こえてきます。ところがこのあともマン屁が止まらず数分間にわたってこれが続くのです。

初めてのVR作品なのにこのハプニングはコントロールできません。彼女の恥ずかしさいっぱいの顔は本当に可愛さが溢れています。

セックスでは実は対面座位がありません。これは残念です。ですがバックでも正常位でも自ら腰を揺らす動作はなかなかエロティックで見入ってしまうほどです。

お尻観察も充実していますが、マン屁については回数も多くて恥ずかしさの様子も異次元のレベルと言っても良いでしょう。マン屁マニアは見逃してはならない作品です。

なおサンプル画像では彼女の可愛らしさはわからないかもしれません。そこで彼女のもうひとつの名義(浜波里帆)のサンプル動画を紹介します。作品情報の次にありますのでご覧ください。

 

 

「四宮繭(しのみやまゆ)」作品情報

作品情報

作品名:【VR】新人!ラッキースケベ配達員VR~遅刻してきたド緊張新人バイトちゃんは、ドM性癖を拗らせたちょっぴり変態な女子大生!?

女優名:四宮繭(しのみやまゆ)

監督名:らくだ

メーカー:SODクリエイト

画質:ハイクオリティ(HQ)画質

発売日:2021/7/12

ジャンル:ハイクオリティVR 即ハメ 小柄 美少女 中出し 素人

平均評価: 4.80点/5点(2021.7.18現在)

 

別作品のサンプル動画紹介

四宮繭さんの別名義(浜波里帆)のサンプル動画「ぷちたまご/浜波里帆 チェキ付き」です。彼女のエッチな姿を確認してください。

 

「四宮繭」作品紹介

【VR】新人!ラッキースケベ配達員VR~遅刻してきたド緊張新人バイトちゃんは、ドM性癖を拗らせたちょっぴり変態な女子大生!?

 

四宮繭さんのエッチな姿をご覧ください。

 

 

チャプター1:繭さんがやって来た フェラ

配達員の繭さんがやって来た

遅刻してしまったのでお詫びに即尺してくれると言う

始まって数分でフェラが始まる

「すごい匂いします」

「どうか許してくれませんか」

「良かったらわたしのも触ってください」

おっぱいや股間を触らせてくれる、キス

「お仕置きしてください」

お尻を叩く、フェラ再開、キス

とうとう彼女の口の中に出してしまう

全てを飲み干してしまった

 

 

チャプター2:フェラ・シックスナイン・騎乗位

「いっぱい触りますね」

再びフェラ開始、おっぱいを揉む

「脇の匂いを嗅いでください」

脇の下の匂いを嗅ぐ

「わたし、今日、Tバックなの」

下着の上からクリを刺激する

「そんなに触ったら、おまんこまでビショビショになっちゃうじゃないですか」

乳首を舐めてくれる

今度は逆に「乳首を舐めて欲しいです」

彼女の乳首を舐める

「脱いでもいいですか?」

パンツを脱いでしまう

自ら局部を開いて奥のほうまで指を入れてネチャネチャ音を立てる

「おまんこ、グチャグチャになってきちゃいました」

クリを刺激する

シックスナインの体勢でアナルが4分ほど丸見え

局部に指を挿入、キス

「入れたくなっちゃいました? 入れちゃいますね」

騎乗位で挿入(天井特化アングル)

前後に揺らす、杭打ちピストン

「出したら高評価してくれますか?」

激しいピストン、中出し

おまんこからドロリ

「え、高評価はだめですか?」

「じゃあ、お部屋へ入ってもいいですか?」

 

 

チャプター3:マン屁が止まらない・バック・正常位

汗だく状態でベッドの上

キス、手コキ

「いっぱい尽くしますね」

「乳首をたくさんいじめてください」

「いっぱい犯してください」

四つん這いの体勢でアナルが2分ほど丸見え

お尻を刺激していると「プシュ」と空気音(マン屁)が聞こえた

即座に「ああっ」と反応する

「恥ずかしい・・・」

自らお尻を開き続ける

「まだ開かなきゃだめですか?」

ひときわ大きな「プシュ」というマン屁

「いやぁ」と叫ぶ

さっきの騎乗位で空気が入ってしまったと言う

「恥ずかしいです お仕置きしてください」

スパンキング

また「プッ」というマン屁

「いやぁ」

さらに「ブブブ」とかなり大きくて長いマン屁

「ああ、やばい」

「まだまだ中に入っている感じがする また出てきちゃう」

お尻を開かせる

「ブウ」というマン屁

「すごい出る、ホントに恥ずかしい」

また「ブッ」というマン屁

「止まらない 恥ずかしい、もう許して!」

またまた「ブブ」というマン屁

「ホントに止まらない」

さらに「ブブ」というマン屁

振り返ったときの顔の恥ずかしさは半端ない

「空気が入って止まらない すごい恥ずかしいのに出ちゃう」

ようやくバック開始

自らお尻を動かす、キス

続いて正常位で挿入、結合部が見える体勢

自ら腰を出し入れする

「わたしがいっぱい動きますね」

ブリッジのような姿勢となって腰を揺らす

途中で覆い被さり正常位に変わる、下半身が見えない体勢

中出ししてフィニッシュ

精液を確認する

 

 

各種体位の特徴的シーンとフェチ向けポイント

ココがポイント

■騎乗位:玄関先で天井特化アングルでの騎乗位を体験する。杭打ちピストンなどがあり、中出ししておまんこからドロリがある

■対面座位:この体位は無い

■正常位:最初に結合部が見える体勢。自ら腰を出し入れする。さらにブリッジのような姿勢となって腰を揺らす。途中で覆い被さり状態で下半身が見えない体勢に変わる。2種類の正常位を楽しめる。この体位でフィニッシュを迎える

■アナルフェチ向け:シックスナインの体勢でアナルが4分ほど丸見えになる。さらに四つん這いの体勢で2分ほど丸見えになる

■乳首舐めフェチ向け:乳首を1度だけ舐めてくれた

■脇の下フェチ向け:脇の下の匂いを嗅ぐことができる

■空気音(マン屁)フェチ向け:四つん這いの体勢でお尻を刺激していると「プシュ」と空気音(マン屁)が聞こえた。即座に「恥ずかしい」と反応する。このあとも自らお尻を開きながらマン屁が連続して出る。振り返ったときの顔の恥ずかしさは半端ないほど。これほど回数が多くて恥ずかしさいっぱいのシーンは記録的レベル

 

まとめ

  • 彼女の名前は四宮繭さん。自称副業でAVに出ている新人企画女優さんで2021年5月にデビューしたばかり。その彼女の初VR作品。見どころは騎乗位が終わったあと、しばらくしてからお尻を刺激していると「プシュ」と空気音(マン屁)が聞こえる。ところがこのあともマン屁が止まらず数分間にわたってこれが続く。彼女の恥ずかしさの顔は半端ないレベル
  • セックスは騎乗位→バック→正常位という流れで対面座位が無い。これは惜しい。ただバックでも正常位でも自ら腰を揺らす動作はなかなかエロい
  • アナル観察も充実しているが、マン屁については回数が多くて恥ずかしさいっぱいの場面は記録的レベルと言って良い。マン屁マニアは見逃してはならない

 

四宮繭さんのとっても恥ずかしいマン屁を堪能したい人はこちら

-アダルト
-,

Copyright© VRを体験する , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.