アダルト

【伊藤舞雪VR】下着メーカー教育係とオフィス全裸セックスを体験する

 


あなたは下着メーカーに入社したばかりの新人君。

その指導にあたってくれるのが、先輩の舞雪さん。

あなたは下着の議論になかなか参加してくれないので、舞雪さんは気を揉んでいます。

そのうち、だんだんとマンツーマン指導が過激になっていくのでした。

 

 

「伊藤舞雪(いとうまゆき)」作品情報

作品情報

作品名:【VR】手違いで下着メーカーに就職したら…女子社員は平然と下着姿で歩き回る世界 教育担当の伊藤さんはボン!キュッ!ボン!の超絶ボディ 男性社員の反応が知りたいと下着姿を見せつけてきて勃起チ●ポの射精管理まで世話してくれる神待遇VR 伊藤舞雪

女優名:伊藤舞雪(いとうまゆき)

監督名:こあら太郎(わ)

メーカー:kawaii

画質:ハイクオリティ(HQ)画質

発売日:2020/6/22

ジャンル:ハイクオリティVR 独占配信 ランジェリー 中出し 巨乳 パイズリ お姉さん 単体作品

平均評価: 4.61点/5点(2020.8.8現在)

 

別作品のサンプル動画紹介

別作品のサンプル動画「感じ過ぎてこっそり本番ヤラせてくれる奇跡の敏感巨乳おっパブ美少女 伊藤舞雪」で、エッチな姿を堪能してください。

 

「伊藤舞雪」作品紹介

【VR】手違いで下着メーカーに就職したら…女子社員は平然と下着姿で歩き回る世界 教育担当の伊藤さんはボン!キュッ!ボン!の超絶ボディ 男性社員の反応が知りたいと下着姿を見せつけてきて勃起チ●ポの射精管理まで世話してくれる神待遇VR 伊藤舞雪

 

舞雪さんの昼間のオフィスでのエッチな姿をご覧ください。

 

 

チャプター1:序章

下着メーカーに入社したばかりのボク

周りは女性社員ばかり、しかも下着姿で社内を歩き回っている

下着を身近に感じるためだそうだ

ボクの教育係は舞雪さんに決まった

「下着が好きなんでしょ、だがらこの会社に入ったんだよね」

業務がスタートする

これから販売する下着について議論していた

舞雪さんは次に対象となるべき下着を持ってきた

机上で見ているだけでは議論が進まない だからその場で試着して議論する方針らしい

今回、舞雪さんがその場で生着替えを始める 目の前には男性のボクがいるが、そんなことはお構いなし

パンツもその場で履き替える これが日常風景なのだと言う

 

 

チャプター2:過激なマンツーマン指導

男性社員を募集したのは、男性視線での意見を聞きたいからだ

新入社員のボクに積極的な意見を求められる

「どう思う? チンコが勃ってたら、この下着はアリ、なんてどう?」

ボクが意見を言わないものだから、下半身に聞いてみようとのアイデアらしい

パンツのままチンチンの状態を見られ、中途半端な状態なので、良くも悪くも無いと判断された

それでも、言葉による意見を求められたが、口を閉ざしたままなので、舞雪さんは困ってしまう

そこで徹底的にマンツーマン指導を行う方針に切り替えた

まずはスキンシップ キスをして気分を高める

「これでちゃんと話してくれるかな?」

さらに、おっぱいを露出して、乳首を触らせる マンツーマン指導は続く

別の下着に着替える

「新人君はエッチな方が好きなのかな?」

3番目の下着は黒色のエッチなもの

「男の人ならドキドキすると思う」 だが、なかなか意見を言わないので、困り果ててしまう

他のメンバーはランチに行ってしまった

「しょうがないなあ、別の個人授業をしないとね」

そこで閃いたのは、チンチンが反応して頭が回転しなくなったのでは?との仮説

仮説を判断するため、「だったら、この子を落ち着かせなくちゃあね」

パンツを脱がされ、パンパン状態のチンチン

舞雪さんは仮説が正しいと判断して、さらに落ち着かせるために過激になっていく

フェラ、パイズリをしてくれる

いきなり、おっぱいにかかるほどの大量の精液を放出 舞雪さんもビックリした

 

 

チャプター3:昼間のオフィスでの全裸セックス

入社3日目の朝 いきなり舞雪さんは驚いた

「え、冗談でしょ!」 ボクの手には退職届の封筒がある

理由を要約すると、職業としての希望対象はランジェリーでは無く、ブーランジェリーすなわちパン屋

パンツよりもパンが好き 勘違いして下着メーカーに就職したのである

一同、唖然とする

だが、男性からの意見は貴重だと言う考え方は変わらず、メンバー全員が説得する

「これでもダメなの?」 メンバー全員が乳首を露出して、思い留まるように近寄る

「パンより、おっぱいの方が柔らかくて、いいでしょ」

舞雪さんは教育係としての責任を感じ、さらに強く説得すると、他のメンバーに宣言した

ここで他のメンバーは別の業務で移動し、この部屋には舞雪さんとボクの二人きり

彼女の決意は固い 「なんでもするから、何して欲しい?」

彼女はボクの膝の上に座り、おっぱいを触らせてくれる

さらに顔を舐めてくれる ただ、正面を舐めてくれるのでは無く、頰あたりを舐めてくれる

そして指舐めやチンチンも舐めてくれる

乳首をつまませてくれたり、お尻を揉ませてくれたりする

「え、アナルが見たいの?」 その場で全裸になり、アナルを露出する

30秒ほどだが、身体をくねらせながらも、くっきりと観察できる

とうとう対面座位で挿入する

柔らかいムニュムニュのおっぱいを揉みながらの行為

腰を振りながら、行為中にも顔舐めを受ける

対面座位だが、結合部も見える体勢で、だんだんとピストンが激しくなる

続いて背面座位に変わり、挿入する

 

 

チャプター4:舞雪さんの身体を張った説得は続く

舞雪さんの身体を張った説得は続く

次はバックで挿入する

「わたしが最初に動くね」と言いながら、自ら腰を動かす姿が可愛い

だんだんとボクからも激しいツキを繰り出して、中出ししてしまう

続いて、舞雪さんはオフィステーブルの上に乗って、正常位の体勢になる 枕もあるので顔が近い

普通の正常位から覆い被さり正常位の体勢に変わる 顔が一段と近くなるが、下半身は見えない

そして中出しして、フィニッシュ

だが、結合部が見えないので、瞬間の様子はわからない

舞雪さんは不安げな顔つきで、ボクに気が変わったかどうかを聞いてきた

会社に残ることにした、との返事にようやく舞雪さんは笑顔になった

最後はおまけコーナーの下着ファッションショー

その際、紺・緑色ベースの下着のとき、下着がずれていて、股間周辺が見えそうで気になる

 

昼間のオフィスで全裸の舞雪さんとエッチな体験をしたい人はこちら

 

各種体位の特徴的シーンとフェチ向けポイント

ココがポイント

■騎乗位:この体位はありません

■対面座位:昼間のオフィスでの全裸セックス。柔らかいムニュムニュのおっぱいを揉みながらの行為。結合部も見える体勢で、だんだんとピストンが激しくなる。行為中には顔舐めもある

■正常位:オフィステーブルの上に乗って、正常位の体勢になる。後に覆い被さり正常位の体勢に変わる。顔が一段と近くなるが、下半身は見えない。この体勢でフィニッシュを迎える

■アナルフェチ向け:「アナルが見たいの?」要望に応える形で、オフィスで全裸になりアナルが丸見え。30秒ほど身体をくねらせながらも、くっきりと観察できる

■顔舐めフェチ向け:舞雪さんの説得工作の一環で、何度か顔舐めがある。ただ、正面を舐めてくれるのでは無く、頰あたりを舐めてくれる

 

まとめ

  • 昼間のオフィスで、着衣では無く、全裸の舞雪さんとセックスするという、奇抜なシチュエーションを体験できる作品。会社を辞めたいとの言葉に対しての説得は難しい役回りなのだが、彼女だからこその演技力で実現している
  • 舞雪さんの説得工作の一環で、何度か顔舐めがある。ただ、正面を舐めてくれるのでは無く、頰あたりを舐めてくれる
  • 「アナルが見たいの?」要望に応える形で、オフィスで全裸になりアナルが丸見え。30秒ほど身体をくねらせながらも、くっきりと観察できる
  • おまけコーナーの下着ファッションショーもある。その際、紺・緑色ベースの下着のとき、下着がずれていて、股間周辺が見えそうで気になる

 

「伊藤舞雪」関連作品

【伊藤舞雪VR】初めて出来た彼女と念願のセックスを体験する

続きを見る

【伊藤舞雪VR】パパ活・神乳美少女のと変態性交を体験する

続きを見る

【伊藤舞雪VR】国宝級おっぱいを至近距離で揉みまくり体験する

続きを見る

-アダルト
-

Copyright© VRを体験する , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.